So-net無料ブログ作成

惨敗のMAX-フェスティバル! [メンバーの紹介/リザルト]

今年のMAXフェスティバルは、I-phoneとこのブログを利用してリアルタイムに
レースの内容や雰囲気をUPしていこうと思っていましたが、とても忙しく全くダメでした。

今年のMAX-フェスティバルは終わりました。

ネクストワンは第1回の大会から今回の第11回に至るまで、全てに参加してきました、瑞浪⇒美浜⇒モテギとコースも変わり、レースの雰囲気も変わってきましたが、常に参加して挑戦してきました。
去年の9名エントリーから4名になって、レースに集中することが出来て情報やセッティングを落ち着いて練る事が出来て、今大会が一番充実した内容で心に残りました。
来年以降も挑戦を続けます。

しかし、今年のリザルトはとても悔しい内容でした、これほど悲劇が集中する事もあるのかと? 残念です

・Senior MAX 渡邊 雅人 
 TT46位(Bグループ12番)63台中 予選1-23位 予選2-27位 予選3-18位 セカンドチャンス-リタイヤ

・MAX Masters 藤原 幸則
 TT23位(Bグループ8番)44台中 予選1-13位 予選2-10位 プレファイナル-26位 ファイナル-リタイヤ

・MAX Masters 山田 孝夫 
 TT41位(Bグループ14番)44台中 予選1-27位 予選2-28位 ファイナル(Div2)-リタイヤ

・Senior MAX 小野 亮太 
 TT21位(Aグループ6番)63台中 予選1-12位 予選2-10位 予選3-8位 プレファイナル-リタイヤ ファイナル-29位

3人は最後のヒートを完走する事も出来ませんでした、好調だった小野君もプレファイナルでフレームを曲げてしまい、決勝は完走することが精一杯の状態でした。
残念なのは、最終結果(リザルト)では有りません。リタイヤに至った内容が本人のドライビングミスでは無く、スタート直後の1コーナーの多重クラッシュが原因という事です。


2011年MAXフェスティバルに参加したドライバーとメカニックの皆様、応援に来て頂いた皆様へ

長距離の遠征や残暑で大変でしたが、皆さんの協力で大きなトラブルも無くレースを終えることが出来ました。
大変、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

NEXT-ONE Racing 代表 東 浩也


ono.jpg

max_fes.jpg


トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。